TrainerRoadでワークアウトを分析する

TrainerRoadにはワークアウトを分析するための機能が搭載されています。
ワークアウトだけでなくStravaと連携することで、実走データも分析できますので、実走での練習やレースのデータを分析できますし、さらにZwiftなどの別のトレーニングアプリのデータも分析できます。

TrainerRoadで行うことができる分析

TrainerRoadでは3つの分析を行うことができます。

  1. 簡易分析
  2. 詳細分析
  3. トレーニングストレス分析

1.簡易分析

TrainerRoadアプリで行える分析です。
主にワークアウトのTSSや平均パワーなどを数値として確認することができます。

簡易分析の詳細はこちら↓↓↓

【TrainerRoad】簡易分析を使う

2.詳細分析

専用のWebサイトを使ってパワーカーブなどを確認することができます。

詳細分析の詳細はこちら↓↓↓

【TrainerRoad】ライドを詳細に分析する

3.トレーニングストレススコア分析

トレーニングストレススコア分析では過去から行ってきたトレーニングのトレーニングストレススコア(TSS)がどのように変化しているかを知ることができます。

help-tss-overview-gif.gif

分析機能を利用する方法

一部のトレーニングアプリでは分析機能を利用するためには別料金を払う必要があるものもありますが、TrainerRoadでは標準で分析機能を使うことができるようになっていますので、だれでも手軽に自分のワークアウトを分析することができます。

レースや実走、Zwiftのライドもまとめて分析

TrainerRoadではStravaと連動させることで、レースや実走の情報だけでなくZwiftなどのStravaと連携できるアプリであればまとめて分析することができます。

Zwiftのレースを分析

TrainerRoadの分析機能はサイコンで設定したラップに対応していますので、周回コースの練習やレースのラップごとの分析も手軽にできるようになっています。

実走でのラップ分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です