RideSyncでGarmin Connectと連携する

RideSync機能でTrainerRoadで行ったワークアウトのデータを自動的にGarmin Connectにアップロードすることや実走データを自動的にTrainerRoadにインポートすることができます。

TrainerRoadとGarmin Connectを連携させる

RideSyncの設定はTrainerRoadのWebサイトから行います。

また、事前にGarmin Connectのアカウントを取得しておく必要があります。

TrainerRoadのWebサイトにアクセスする

下記のリンクからTrainerRoadのサイトにアクセスしてください。

TrainerRoadのサイトはこちら

「Login」を押して登録したユーザー名とパスワードを入力する

※ログイン情報がパソコンに残っている場合はログイン画面が表示されない場合があります。

「Account」を押す
「Ride Sync」を押す
GARMINの「Connect」を押す
「Agree&Connect」を押す
Garmin_Connect_Notification.PNG
「Authorize」を押す
Garmin_Connect_4.png

以上でGermin Connectとの連携設定は完了です。

注意点

TrainerRoadは、Garmin Connectから過去30日間のワークアウトアクティビティにのみアクセスできます。 過去のTrainerRoadのライドも同期されません。Garmin Connectが接続されると、今後完了したすべてライドが両方のアカウントに自動的に同期されます。

Garmin Connectでタイムゾーンを設定していない場合、ライドはデフォルトのUTC日時で表示されます。[アカウント設定]> [表示設定]> [タイムゾーン設定のアップロード]を選択して、Garmin Connectで日付/時刻を手動で編集できます。

1週間以上オフラインでいて、完了したライドがたくさん並んでいる場合、一部のライドがGarminに同期しない可能性があります。これは、ユーザーごとに1日に10回のトレーニングを送信できるという制限があるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です